このブログを検索

2011年12月17日土曜日

静岡県の紹介  地域性


今日、本屋で見つけたもの
「静岡県 謎解き散歩」  編者:大和田哲男

ちょっと興味が沸いて買ってしまいました。何せ、「散歩」って名前がつくとついつい手が出てしまいます。その本の冒頭に書かれていた内容について、ちょっと紹介します。

いろんな場所に行くとその地域性って必ず話題に上りますよね。その場所が故郷であれば、小学校、中学校と、その地域の事を学びます。その時に出てくるのが、戦国時代から江戸の時代の地域の名前(呼び方)が必ずでます。例えば、名古屋であれば、「尾張」、鹿児島であれば「薩摩」、山口であれば「長州」(周防、長門)ってな感じで。

ここ静岡は何だかわかりますか?そう静岡は、「伊豆」、「駿河」、「遠江、(とうとうみ)」(遠州)の3つに分かれるのです。
(広いですよね、何せ、端から端まで移動すると、200kはあります。だから新幹線の駅も6個もあります。)

この3つの地域は、それぞれ個性が丸出しって感じで、ほんと特徴があります。
「伊豆」
海あり、山あり、温泉あり、魚を旨いし、山菜も豊富、温泉もあると来たらこれは、有数の観光地になりますよね。東京に近い場所でもあって、皆さん 身体を休めにいらしゃいます。
三島、沼津、富士はこの地域に属するって言っても良いでしょう。(富士山を独り占めです)
「駿河」
徳川家康の本拠地。おかげさんで、静岡市は職人レベルの細かな作業のする人が集まって、今の商業都市となりました。家具、オモチャの街です。また、清水(静岡市清水区)は、漁港あり、貿易港でもあり、あの次郎長さんやチビまる子ちゃんの舞台でもあります。
「遠江」
浜松を中心に、世界でも有数な工業の町です。はい、ホンダ、スズキ、ヤマハをはじめとする屈指の企業群、それに加えて、楽器の街(ヤマハ、河合などなど)。

その「静岡県 謎解き散歩」にそれぞれの個性を表す言葉が書かれておりました。

もし、食べ物が無くなったら、それぞれの地域はどうなるか、、、
伊豆-----餓死   のんびりに加えて食べ物が豊富で苦労したことなく、餓死してしまう
駿河-----乞食   のんびりおっとりしているので、働かす物乞いをする。
遠江-----泥棒   行動力とガッツがあるため、泥棒してまでも生き抜く

見事に表現されていると思います。まさに其の通り。上記のとおり遠州の人から見ると、伊豆や駿河ののんびり屋さんとは、性格が合わず。静岡市と浜松市はいわゆるライバル関係です。都市づくりもそうですし、サッカーもそう(エスパルスとジュビロ)。
まあ、こんな個性の強い地域が集まっているので、知事さんもまとめるに大変ですね。

でも、そんな地域特性が、静岡県を面白くしているし、あきない。場所場所でその個性を出して生活できており、特徴も出ています。良いと思います。

皆様、この3地域を思いながら、今度、静岡にいらっしゃってください。

皆様の地域は、どうですか?それぞれやっぱり個性、性格がある事と思います。機会あればその個性を教えて下さいませ。

では!

2 件のコメント:

  1. 伊豆人の特徴、面白いたとえですね。
    たしかに、のんびりやさんだと思います。

    環境が、人を作ることも確かな様に思います。

    富士山の写真いいですね。

    返信削除
  2. ala71ne様
    写真おほめありがとうございます。この写真は昨日、得意のバイクでふらふらと写真を撮りに。場所は、裾野市運動公園のちょっと富士山側、演習場の端っこに当たります。この辺りも、第2東名の開発が進んでおり、風景も変わってきています。この自然は壊さないように配慮してもらいたいモンです。寒くなってきました。さすがの散歩好きでも少々つらいですね。こうなってくると山方面より海方面ですね。天気が良いので、ちょっと海を覗きにいこうかなぁ。

    返信削除